保険見直しをして、もしものときでも焦らないでいよう

説明

節税対策について

最適な節税対策について

説明

企業や個人において、節税対策には様々なものがある。その対策としては、不動産や自動車など高額なものを購入するという方法が一般的となっている。しかし、これらの方法では、税金としての支払額を減らすことはできるが、資金は外部に出ていくこととなる。 それらを抑えながら行う節税対策として、保険の活用がある。保険を節税対策として活用することの大きなメリットとして、契約によっては解約時に返金を受けられるということがある。その為、お金を一時的に支出し節税対策とする一方、外部に資金をとどめておくという役割を果たすことが可能となる。保険料の支払いにより経費と計上しつつ、外部に資金をとどめておくことで、解約時には再度資金を戻すことが可能になる。

保険を活用する方法

節税対策として、保険を活用するケースがあるが、主に生命保険を活用することが一般的になっている。生命保険では、従業員などを被保険者として加入しておくことで、加入時には費用として計上することができる。それにより節税への対策となるが、もし従業員に問題が生じた場合には、保険を受け取ることが可能となる。 さらに、解約時には返還金を受けれるケースもあるため、資金を支出しながら、将来戻せる可能性を残せるため、メリットが大きくなっている。 但し、生命保険による節税対策では、のちに解約し返還金を受けた場合、その分が利益として計上されることになるため、一時的な節税対策として現在を乗り切るためのものと考えておくことがポイントになる。